欠陥分布の確率論的解析

 三次元的に材料内部に分布する欠陥に関して確率論を用いた解析を行っています.まず,その一つ目として,実材料では,内部に分布する欠陥を直接観察することは困難なので,材料表面における欠陥の二次元的な分布から実際の欠陥の三次元分布を推定する手法を提案しています.さらに,高温クリープでは,キャビティと呼ばれる微小な欠陥が多結晶材料中の結晶粒界に多数発生して,それらが代表的な損傷になる場合があります.この粒界キャビティの分布と各種損傷パラメータの関係に関しても確率論を用いた解析を行っています.

キーワード:多数分布欠陥確率論逆解析表面内部キャビティクリープ損傷

 


 

  1. 内部微小欠陥分布の逆解析による推定
    多田直哉,大谷隆一,北村隆行,山田雅也
    日本機械学会論文集(A編),59巻,558号,pp.381-386(1993-2)

  2. キャビティ分布と各種クリープ損傷パラメータの関係についての解析的検討
    多田直哉,北村隆行,大谷隆一
    日本機械学会論文集(A編),59巻,565号,pp.2074-2080(1993-9)

  3. Inverse Analysis of Distribution of Internal Small Defects
    Naoya Tada, Ryuichi Ohtani, Takayuki Kitamura and Masaya Yamada
    JSME International Journal, Ser.A, Vol.37, No.4, pp.450-455(1994-10)

  4. Probabilistic Inverse Analysis for Predicting the Distribution of Multiple Internal Defects
    Naoya Tada, Takayuki Kitamura and Ryuichi Ohtani
    Engineering Fracture Mechanics, Vol.52, No.6, pp.1015-1027(1995-12)

  5. 粒界キャビティ分布から決定する各種クリープ損傷パラメータの物理的意味について
    多田直哉,北村隆行,大谷隆一
    材料,第45巻,第1号,pp.110-117(1996-1)

 

戻る