耐熱材料の高温疲労破壊

 超合金を含む金属材料やセラミック等の耐熱材料に関して高温疲労試験を実施し,それらが高温疲労において破壊するプロセスを明らかにしています.特に,SUS304ステンレス鋼に関しては,大きさ数ミクロン程度のキャビティやミリメートル以下の大きさの微小き裂を詳細に観察しています.

キーワード:高温疲労クリープ耐熱鋼微小き裂キャビティ耐熱超合金

 


 

  1. 変動温度下の高温疲労き裂伝ぱ
    大谷隆一,北村隆行,多田直哉
    日本機械学会論文集(A編),53巻,490号,pp.1030-1036(1987-6)

  2. SUS304の高温における一方向引張とクリープ疲労の微小き裂発生・成長挙動の相違
    大谷隆一,多田直哉,橋本務
    材料,第38巻,第432号,pp.1067-1072(1989-9)

  3. クリープ・疲労条件下の微小き裂発生・成長に及ぼす圧縮ひずみ速度の影響
    北村隆行,多田直哉,阿部宗昭,弓田正人,大谷隆一
    日本機械学会論文集(A編),56巻,523号,pp.575-581(1990-3)

  4. SUS304の結晶粒界長さおよび角度分布とそのクリープ疲労微小き裂発生・成長に及ぼす影響
    北村隆行,多田直哉,栗山義英,大谷隆一
    日本機械学会論文集(A編),56巻,524号,pp.702-707(1990-4)

  5. Cracking Behavior of Heat-Resisting Steels, Alloys and a Carbon-Fibre-Reinforced Polymer at Elevated Temperatures
    R.Ohtani, T.Kitamura and N.Tada
    Materials Science and Engineering, A143, pp.213-222(1991-12)

  6. クリープ疲労き裂伝ぱにおける微視組織的微小き裂から力学的巨視き裂への遷移挙動
    多田直哉,飯尾真司,北村隆行,大谷隆一
    材料,第41巻,第466号,pp.1165-1171(1992-7)

  7. SUS304の内部き裂型クリープ疲労粒界破壊表面き裂型との相違
    周緯生,大谷隆一,北村隆行,多田直哉,小阪晃
    材料,第44巻,第496号,pp.78-83(1995-1)

  8. SUS304のクリープ疲労条件下における粒界キャビティ分布の測定と損傷パラメータの評価
    多田直哉,福田哲史,北村隆行,大谷隆一
    材料,第46巻,第1号,pp.39-46(1997-1)

  9. 常圧焼結窒化けい素の高温における引張,クリープ,疲労,クリープ疲労破壊
    多田直哉,北村隆行,大谷隆一,木倉真,田中豊延
    材料,第48巻,第2号,pp.173-180(1999-2)

  10. Initiation and Growth of Cavities and Cracks along Grain Boundaries in Type 304 Stainless Steel
    Naoya Tada, Takayuki Kitamura and Ryuichi Ohtani
    Mechanics of Time-Dependent Materials, Vol.3, No.3, pp.205-218(1999-9)

  11. Ni基単結晶超合金CMSX-10の高温疲労における破壊プロセスの解明と表面酸化層除去のき裂発生に及ぼす効果
    多田直哉,大谷隆一,柴田昌宜,小林智光
    材料,第50巻,第2号,pp.129-136(2001-2)

  12. High Temperature Fatigue of the Nickel-Base Single Crystal Superalloy CMSX-10
    R.Ohtani, N.Tada, M.Shibata and S.Taniyama
    Fatigue & Fracture of Engineering Materials & Structures, Vol.24, No.12, pp.867-876(2001-12)

  13. Ni基単結晶超合金CMSX-2の高温疲労における表面酸化層割れ誘起き裂の発生メカニズムに関する検討
    多田直哉,大谷隆一,和田淳秀
    材料,第52巻,第2号,pp.132-138(2003-2)

 


 

  1. 高温環境下での材料寿命予測
    多田直哉
    日本機械学会誌,第113巻,第1094号,pp.8-11(2010-1)

  2. 高温における材料寿命予測法
    多田直哉
    検査技術,第15巻,第10号,pp.23-29(2010-10)

 

戻る